高齢者が安心できるユニットバスにリフォームするなら

subpage01

最近は、家族に高齢者がいるため、高齢になった時の暮らしを考えて安全なユニットバスにリフォームされる家庭が増えています。まず、高齢者がいる家庭には手すりを取り付けたり、滑りにくい床材を選んだり、浴槽の高さに配慮することが大切です。一般的に高齢者が安全に浴槽に入れる高さは40〜50cmです。

浴槽の縁が広いと腰掛けられますし、高齢者や子供にもまたぎやすいでしょう。

また、浴室に暖房を設置するとヒートショックを防ぐことが出来ます。


今はユニットバスに暖房機能付きの浴室乾燥機を設置されている家庭が増えていますし、寒さを感じる住宅には脱衣所に暖房を取り付けておくのもお勧めです。



手すりも入口付近に一箇所だけ取り付けるのではなく、浴槽やシャワーの横に取り付けておくと安心です。

手すりの場所はリフォーム会社と相談できますし、緊急ブザーなどオプションを取り付けられるので他にも必要な設備を相談してみるといいでしょう。

また、ユニットバスをリフォームする前にショールームに足を運び、見学するのもお勧めです。
色々な設備を確認できますが、オプションも用意されているのでショールームスタッフに相談しながら必要な設備を決めることが出来ます。

Girls Channelの情報を見つけよう。

もちろん、必要な時に設備をリフォームするのもいいでしょう。

ユニットバスのリフォームに関する有益な情報が満載です。

ただ、一度の工事で済ませた方が費用を節約できますし、手間も掛からないので十分な計画をたててからユニットバスをリフォームするのがお勧めです。